これさえあれば超快適!冬キャン必須の暖かアイテム4選

2020年11月6日

 

 

これから寒くなる季節。すでに朝晩は肌寒いですよね・・・冬は布団から出たくない!コタツでぬくぬく過ごしたい!そんな気持ちを吹き飛ばす、冬キャンプの魅力をお伝えします!

 

 

今回ご紹介するのは、防寒対策に関したことになります。冬のキャンプでは、最も重要になってきますし、逆にそれさえしっかり備えておけば、アウトドアでもストレスなく過ごすことができます。
引きこもりがちな季節に、アウトドアをする楽しさを発見しに行きましょう!

 

 

1. ソト MUKAストーブ

 

http://www.shinfuji.co.jp/

 

shinfuji.co.jp
 

 

 

こちらのロゴをアウトドア系のYouTubeなどで見たことある方も多いのではないでしょうか?バーナーやガス器具といえば、皆さんご存じソト!

 

 

その中で、今回ご紹介するのは、自動車用レギュラーガソリン、又はホワイトガソリンを燃料とするガソリンストーブのMUKAストーブ。

 

 

 

一般的にガソリンストーブは、ホワイトガソリンを燃料とするのが主流です。なぜかと言うと、自動車用レギュラーガソリンは、ススの発生が多く、火口のノズル詰まりを起こしやすいのです。しかしMUKAストーブは、極めて高い燃焼効率を持っているため、ノズルなどのパーツを交換することなく、自動車用レギュラーガソリンも使用できます!自動車用レギュラーガソリンは、ホワイトガソリンに比べて安価なため、ランニングコストを抑えることができます。

 

 

 

 

ガスストーブは、低温環境に弱く、使用時は余熱が必要であり、ガソリンストーブは、大量のススが発生し、使用毎にメンテナンスが必要になります。

 

しかし、このMUKAストーブは、ガスストーブの手間のかからない操作感と、ガソリンストーブの頼れる強火力を融合させた、いいとこ取りの全く新しい次元のストーブです!

 

https://item.rakuten.co.jp/phantom/09226022/?gclid=Cj0KCQjwlvT8BRDeARIsAACRFiUEwdSPXuFOFf2VMBwD_g6oTez63s5MacY7J138BEyj_iMDF99MSfwaAkWgEALw_wcB&scid=af_pc_etc&sc2id=af_113_0_10001868&icm_agid=51448527290&icm_acid=834-739-7270&icm_cid=1425349677&gclid=Cj0KCQjwlvT8BRDeARIsAACRFiUEwdSPXuFOFf2VMBwD_g6oTez63s5MacY7J138BEyj_iMDF99MSfwaAkWgEALw_wcB

 

rakuten.co
 

 

 

MUKAストーブは、現在Amazonで\17,050~となっています。MUKAストーブの頼れる火力で、寒い冬キャンプで暖かい料理を作ってみましょう!ただし、ヒートエクスチェンジャーと呼ばれる熱交換器を鍋底に持つクッカーは、多量の一酸化炭素を発生させるので、絶対に使用しないでください!

 

 

2.サーマレスト モンドキング3Dラージ

 

 

 

モンドキング3Dは、サーマレストのラインナップの中で、最も断熱性が高いマットレスになります。地面からの冷気を中央のフォーム層で遮断し、上面の凹部に体から出る熱を溜め込む、ストラタコアフォームという仕組みで、高い保温性を発揮します!

 

https://www.e-mot.co.jp/therm-a-rest/product.asp?id=315

 

e-mot.co
 

 

 

モンドキング3Dの使用時の厚さはなんと10cm!しかもマットレスの周囲は、上下の生地の繋ぎ目が外側に出ない垂直な面を持つため、複数のマットレスとピッタリ並べられます。寝相の悪い方でも、モンドキング3Dを並べて敷けば、シームレスにゴロゴロできて、快適に寝相が悪くなれますね(笑)

 

 

そして、表面のストレッチニットは、ビロードのような触り心地の良さになっているので、冬キャンプでも、まるでホテルのベッドで寝ているような感覚になれますよ!

 

 

https://www.e-mot.co.jp/therm-a-rest/product.asp?id=315

 

e-mot.co
 

 

そんなマットレスだと、準備や片付けが大変なんじゃないの?と思うかもしれませんが、モンドキング3Dは、ツインロックバルブを採用しているので、準備も撤収もあっという間です!そんなモンドキング3Dは、Amazonで現在¥27,500~となっています。いいお値段はしますが、冬キャンプの夜でも、とても快適に過ごすことができ、費用以上の満足感を得ることができるので、オススメです!

 

 

3.イスカ ダウンプラス デナリ900

 

 

 

ダウンプラスデナリ900は、厳冬期の国内山岳、ヒマラヤや極地遠征までにも高い保温性能を発揮します!その理由は・・・・ダウンのかさ高性を維持しつつ、内側と外側のステッチ位置をずらすことにより、熱損を削減しています。

 

・フィット感に優れたフードチューブが、頭部からの放熱ロスを抑える。
・保温性の向上と冷気の侵入を防ぐために、中綿の詰まったドラフトチューブをジッパー内側に配置している。
・首元と肩の部分を包み込む「マフラー」の働きで、寒冷時に寝袋内の暖まった空気の流出を効果的に防ぐ。
・寒さに敏感な足元部分には、多めのダウンを封入し、ゆとりを持たせた逆台形形状で、足元を先端方向に傾斜させて、適度なゆとりの快適睡眠に配慮。
・上部に余裕を待たせた3D構造のシルエットで、中に入れるダウン量をエリアごとで最適化することによって、軽量性と保温効果を高めている。
・撥水性能が、結露や外部からの湿気の侵入を防ぐ。

 

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%82%AB-ISUKA-%E3%83%87%E3%83%8A%E3%83%AA900-%E6%9C%80%E4%BD%8E%E4%BD%BF%E7%94%A8%E6%B8%A9%E5%BA%A6-25%E5%BA%A6-158529/dp/B015VZVWSM/ref=pd_lpo_200_t_0/355-8094150-2026044?_encoding=UTF8&pd_rd_i=B015VZVWSM&pd_rd_r=ae5d4b37-91cc-4549-b193-93283ac859ef&pd_rd_w=pKNdI&pd_rd_wg=L8B6L&pf_rd_p=4b55d259-ebf0-4306-905a-7762d1b93740&pf_rd_r=JTR44J7E72SZFW1ZQQXG&psc=1&refRID=JTR44J7E72SZFW1ZQQXG

 

amazon.co
 

 

いかがですか?厳冬期を乗り越えられるのも納得の性能を持っているのが、おわかりいただけたと思います!これだけ寒さ対策にこだわった、ダウンプラスデナリ900は、現在Amazonで¥38,610~となっております。ダウンプラスデナリ900を持っておけば、どんな冬にも対応できます!

 

 

4.イスカ ウェザーテックシュラフカバースーパーライト

 

 

 

ウェザーテックシュラフカバースーパーライトは、防水性・防風性・透湿性・結露防止性に優れた3層構造の高性能シュラフカバーになります。立体裁断のフード部分は、圧迫感を抑える設計になっており、サイドの長さ60cmファスナーが出入りを容易にしています。

 

https://www.maunga.jp/?pid=130692470

 

maunga.jp
 

 

 

ウェザーテックシュラフカバースーパーライトのスリーレイヤー構造は、気温の低い環境でなければ、単体での使用も可能となっています。ウェザーテックシュラフカバースーパーライトは、現在Amazonで¥10,000~となっています。冬キャンプの防寒、結露を防止し、寝袋の保温性アップするシュラフカバーを取り入れてみることをオススメします!

 

 

 

冬キャンプには、夏キャンプなどとまた違った魅力がたくさんあります!喉に刺さるような透き通った空気、積雪地域では、白銀の幻想的な景色。冬独特の静けさや雪を使ったアクティビティーなど、言い出したらキリがありません!冬だからこそできる体験を、ぜひ味わってみてください!