防災にも!自作サバイバルキットに必要なもの5選!

アウトドアアイテム, サバイバル

f:id:xcamper:20190715093719j:plain

最近では、アマゾンなどにも売っているサバイバルキットですが、自分でオリジナルの装備を整えていくことには、かなりメリットがあります!

 

特に、自分にあったグレードの装備をそろえられるのが何よりの利点です。

 

無駄な出費を抑え、手にあったナイフや使いなれたツールは災害時の柔軟な対応を可能にします。

 

そこで、サバイバルキットに最低限必要なものをご紹介していきます。

 

リュックorケース

 

f:id:xcamper:20190825160006j:plain

 

サバイバルキットというと皆さんこんな感じでガチガチの軍用リュックを想像すると思うんですが、

 

 

f:id:xcamper:20190825160027j:plain

 

ぶっちゃけケースはなんでもいいんです!!

 

ケースの条件として、

    1. 防水性
    2. 耐久性
    3. 収納力

この3つに優れていれば、完璧なサバイバルキットができます!

 

例えば、こんな感じの筆箱でも中に、万能ナイフとファイヤースターターが入っていれば完全に使えるサバイバルキットです。

 

ナイフ

 

f:id:xcamper:20190825160053j:plain

これが一番個性が出ます。

ナイフの形状や材質、使う目的によってもかなりバラエティに富んでいて、選ぶのは大変ですが個人的に一番楽しい部門でもあります。

 

おすすめは、やはりヴィクトリノックスの万能ナイフです!

 

f:id:xcamper:20190825160152j:plain

 

ハイグレードモデルになると33機能付いているものもあり、完全な極限状態でも持て余してしまうくらいのパフォーマンスを誇り、これ一本でほとんどなんでもできます。

ファイアースターターorマッチ

f:id:xcamper:20190825160256j:plain

 

火はやはり大切です。ライフラインが途絶えて真っ先に必要になるのは、飲み水と火です。

 

なんなら、水を煮沸っ消毒しなければならない場合や単純に災害が起こった時期によっては暖を取らなければならないため、マジでマッチかファイアースターターは入れておきましょう!

 

ちなみにファイアースターターはこんな感じのやつです。

出展:bushcraftsurvivalstore.com

 

マッチは着火部分にロウを塗っておくとそれだけで防水加工になります!(小技)

 

医療キット

f:id:xcamper:20190825160314j:plain

 

医療キットというと物々しいですが、別にAEDとか点滴入れろっていうんじゃないので安心してください!笑

 

内容としては、ばんそうこう、包帯、カミソリ、ガーゼ、マスク

これさえ入っていればokです!!

あとは、アルコールや内服している薬などがあれば入れておくとさらに安心でしょう。

 

フラッシュライト

f:id:xcamper:20190825160333j:plain

 

フラッシュライトと書きましたが、要はライトです、ちょっと光が強いライトです。明かりつきゃなんでも大丈夫です。

 

暗くなっても避難所に移動しなければならないときや、単純に停電の時でも使えるので、一個あればかなり違います!

 

いかがでしたか?本当に必要最低限なものを紹介させていただきました。

f:id:xcamper:20190708095155j:plain

サバイバルキットはほんとに組み合わせ無限大なので、作り始めるとはまる人はほんとにはまると思います。

ここでは紹介しませんでしたが、まだまだ非常食だったり入れれば、なお生き延びやすくなるものがあるので、皆さんもぜひ!自分のサバイバルキット自作してみてください!