Twitterいいね買う!?方法と注意点『SNSヘルパー』※案件

案件

※本記事は案件でありアウトドアskillsには一切の関係がございません。

現在日本で「SNS」とセットで使われるのが「twitter (ツイッター)」もしくは「インスタ」であり、この二つが見れれば太平洋で1人漂流していても寂しいとか退屈と感じることはない。

今回の話題はtwitterのいいねを金を買うという話が合ったのでどんな感じになっているのかを調べてみた。いいねが増えて何がいいのかをご説明できればいいと思っている。

 

twitterのいいね買うメリット

皆さんご存じの通り、twitterでツイートすると下の方にいいねとリツイートのボタンがあると思う。

リツイートはなんとなく拡散されていろんな人に見られて、宣伝効果だったりが大きいねと容易に想像できると思うが、いいねに関してはシンプルに自分が後で見返したいから的に存在しているとしか思えない。

 

しかし、調べてみると拡散効果があるらしく、かなり重要らしい。

まず、いいねの数は検索結果に影響する。「話題のツイート」というタブで表示される検索結果は完全にいいねの数で決まっており、動画や画像を付けたツイートだけを抽出するタブやアカウント名で検索する場合も同様だそうだ。

いいねによって他人のタイムラインに表示される可能性もあるため、やはりツイートに対するいいねを躍起になって集める理由がないこともない。

 

twitterのいいね買う方法

では、twitterのいいねを買う方法をご紹介しよう。

まず「SNSヘルパー」にログインし、twitterのボタンをクリック。

フォロワーやリツイートなどあるが、その中のいいねを選択し、いいねの数を記入して、支払いをすませば購入できる。

ジェンガのルールくらい簡単で、5分の時間とお金があれば2500までtwitterのいいねを買うことができる。

しかも、SNSヘルパーの場合、確かに増えた。おまけになぜかリツートもされていた。50発注したはずなのに55もいいねがついていた。公式HPでも5分で完了するとあるのですぐにいいねが欲しい人には願ってもないシステムなのではないだろうか。twitterのいいねを買うのも手だろう。

 

twitterいいね買う時の注意点

twitterのいいねを買う時の注意点は、いいねだけではさすがに拡散性は低いのでリツイートも組み合わせるようなツイートをもともとしておいた方がいい。お金が無駄になること間違いなしだ。

 

なにより注意してほしいのはtwitter社はいいね購入は規約上禁止でアカウント凍結になることもある。

さらに怖いのは消費者法で定められている景品表示法に違反する恐れがある。会社でやると3億以下の罰金が科せられるそうだ。

もはや普通に運用した方がいいのではないかと疑問が浮かび上がってくるが、少しでも楽したい人はSNSヘルパーを使ってみてもいいのではないだろうか。フォロワー購入の実験もしたが安全だった。少なくともアカウント凍結はなかったのでいいねもないと信じたい。

公式HP⇒https://snshelper.com/jp/pricing/twitte