【HELSPORT】ノルウェー発!室内で薪ストーブが使える冬キャン最強のテントをご紹介!

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%98%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88-%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%88-Helsport-Valhall-Outertent/dp/B008E9EVXG
引用:amazon.co.jp

冬のアウトドアも魅力がたくさんあるのですが、寒さ対策は必須条件になってきます。そこで、冬にキャンプをする上でチェックしておきたいアウトドアブランドがあるのですが、皆さんは『HELSPORT』というブランドをご存知でしょうか。

HELSPORTは、寝袋や室内で薪ストーブが使える仕様のテントで人気となった北欧発のアウトドアブランドです。焚き火はタープの下で行うのが一般的ですが、テント内で火を扱えるようにするとは、さすがは冬を極めた人たちの発想ですね!今回は冬のキャンプシーンを支えてくれる強力なアイテム、HELSPORT製のテントを厳選して3つご紹介していきます!

冬キャンで大活躍!HELSPORTのテント3選!!

https://helsport.swix.co.jp/product/varanger-dome4-6-full/
引用:helsport.swix.co.jp

HELSPORT バランゲルドーム(8〜10人用)

 

¥205,000

バランゲルドームはグループでのキャンプにも使える大きなドーム型のテントです。インナーテントを使うことでリビングと就寝スペースを分けて使うことも可能。

https://helsport.swix.co.jp/catalog/varanger-dome-8-10/
引用:helsport.swix.co.jp

写真のようにフロント部分のジッパーをすべて開けるとさらに開放的な空間が広がります。難燃性の素材を使用しているので薪ストーブの利用や小さなキャンプファイヤーも可能です。

天井高:170cm(中央部)

横幅:345〜370cm

 

HELSPORT  Valhall(4〜8人用)

¥251,900

バルホールは標準で煙突つき薪ストーブを設置できるトンネル型テントです。高い天井と広い室内が特徴で、別売のインナーテントを使うと左右に2つの独立した就寝スペース(4名×2組)ができます。また、換気性能に優れているので結露が少なく、快適な睡眠環境を実現しています。もちろん難燃性素材を使用でテント内での薪ストーブ・焚き火が可能です。上記の価格はHELSPORTのショッピングサイトでグランシートがセットになった価格になります。

天井高:180cm(中央部)

幅:300cm×780cm

 

HELSPORT ギムレ ファミリー4プラス


¥167,200

ギムレファミリーはファミリーでの利用にうってつけのテントです。インナーテントを使うとテントの左右に4名×2名の就寝スペースを作ることができます。天井高が180cmもあるのに、一人で設営が簡単にできてしまうのもこのテントの凄いところ。特許取得済みのポールカップと色分けされたポール接続パーツにより素早く簡単にテントを設営することができます。こちらも難燃性素材、薪ストーブ・焚き火が室内で可能です。

高さ:180cm

幅:300cm×580cm

 

HELSPORTは冬キャンの強い味方!

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%98%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88-%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%9F%E3%83%AA%E3%83%BC4%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B9-Helsport-Gimle-Family/dp/B00X97OC32
引用:amazon.co.jp

室内で薪ストーブが使える、HELSPORTのテントはいかがでしたでしょうか。見た目も質も、こだわり抜かれ洗練されたテントに仕上がっています。冬キャンでの楽しみを大きく左右する焚き火をテントの中でもできるとなると、キャンプのスタイルそのものが変わってきます。薪ストーブで暖をとるテント生活なんて憧れちゃいますよね!冬場のキャンプでのテント選びの際はHELSPORTのチェックをお忘れなく!