アイスが11時間も溶けない!?驚異の保冷力!【LOGOS ハイパー氷点下クーラーボックス】

アウトドアアイテム, キャンプ, 休日, 車中泊

 

真夏に黒塗りのベンツの中にアイスを置いておけば、おそらく原型を留めてるのは長くて10秒程でしょう。 

並大抵のクーラーボックスを使ったところで延命時間は、、、、3秒くらい?分かりませんが東京で買ったアイスをデンマークまで持ってって食べることは不可能です。

 

今回紹介するのはそんなアイスにとって過酷すぎる状況下でも11時間サバイバルさせることが出来るアイテム、LOGOSのハイパー氷点下クーラーボックスです!

 

驚愕の保冷力

「氷」の画像検索結果

LOGOSの公式ストアでも紹介されていますが、アイスが11時間も溶けずに保てるクーラーボックスは滅多にありません。別売りの氷点下パックという保冷剤を併用した際の記録が11時間という事ですが、これは成田からクアラルンプール経由でブルネイに飛んでもガリガリ君ガリガリのままでいられるほどです。

 

例えば真夏に、沖縄にいる彼女から「hey彼氏、北海道・宗谷岬周辺のアイスを買ってきて?」と言われても完璧な仕事を遂行できる必須アイテムとなること間違いなしです。

クーラーボックス界の最高傑作といっても過言ではありません。

 

デザイン

光を反射し熱を逃がすメタルシルバーカラーに加え、シェルプロテクト構造により外部からの衝撃にかなり強く作られています。

 

性能を重視した機能美はNASAの研究チームが使っていそうなデザインです。

 

コンパクト収納

使用しないときにはコンパクトに収納することができアウトドアシーンではもちろん、屋外のスポーツ大会などでも活躍すること間違いなしの携帯性です。

 

さらに、容量も大きくXLサイズになると500mlペットボトルが16本も入ります。ペットボトル症候群気味の私でさへ半日では飲みきれないでしょう。ファミリーで使うにはちょうどいいサイズですね。

 

ちなみに最も大きなサイズはトローリークーラーで旅行カバンのように引っ張って歩くことができます。

 

まさに最強にいかれたクーラーバッグですが私はこの夏に向けて買います。しかも無駄に大きなトローリークーラーを買って山ほどのビールを詰めて海まで行こうと思います。

Beer Photography | How to Photograph Beer for Advertising and Promotion

あ、、、想像したら喉乾いた。。