アウトドアskills

北海道の超アウトドア派のキャンパーが贈る、キャンプブログ。ソロキャンから使えるキャンプ用品まで幅広く紹介!

全米トップシェア!大人気のバーベキューグリル|ウェーバー

Bacon Wrapped Pork Loin Recipe | Bacon Wrapped Pork Roast | Grilled Pork Loin | Grilled Pork Recipe #bacon #pork #dinner #grilling #dinneratthezoo

Weber(ウェーバー)というブランドを聞いたことはあるでしょうか?

 

バーベキューの本場、アメリカでトップシェアを誇るバーベキューグリルブランドなんですが、アウトドアで簡単に本格グリル調理が可能という事で根強い人気があります。

 

アメリカンな本気バーベキューができるとあっては調べずにはいられない!

というわけで、今回はウェーバーグリルの人気の秘密をご紹介します!

 

バーベキュー大国でのシェアは60%!!

 

日曜日には必ず自分の家の庭でバーベキューをしなければならないバーベキュー大国のアメリカで60%以上のシェアを誇る大人気ブランドがウェーバーです。

 

一般的にグリルと言えばフラットでオープンなものが多いと思いますが、ウェーバーグリルは特徴的な球体型をしています。

 

ここに人気の秘密が隠れています。

詳しく見ていきましょう。

 

グリルが球体型の秘密

 

ウェーバーの製品にはすべて球体のふたがついており、特に炭で調理するタイプのものは必ず丸みを帯びた形をしています。

 

これはグリル内全体に炭の熱を伝えられる効率のいい形なんです。

 

塊肉は焼き加減が難しく、一瞬で炭になるか生焼けで腹をぶっ壊すかのどちらかだった人もこのグリルがあれば外はカリッ、中はふっくらジューシーを実現できます。

ピーマンや玉ねぎも最高の甘さになるともっぱら評判なので、一回は試してみる価値ありです。

 

車輪付きなので移動が楽!

丸型グリル程この世に持ちづらいものはないと思っていましたが、ウェーバーは脚に車輪をつけてくれました。

いつか自走式の製品を発表してくれそうですが、ひとまず自宅の庭の中での移動には事欠きません。

 

アメリカのバーベキュースタイルを体現しているため、気軽に庭先でできる仕様になっています。

 

後片付けやメンテナンスも簡単で、炭式のウェーバーグリルは灰受け皿があるため、わざわざ捨てにグリルを引っ張りまわす必要がないのです。

 

さらに、熱伝導が非常に高いので炭の上に食材を乗せなければ煙も発生しません。グリル内の汚れを最小限に維持することが簡単にできてしまいます。

 

ウェーバーグリル 選べる3タイプ!

ウェーバーグリルには大きく分けて、『炭』『電気』『ガス』の3タイプが存在します。

 

用途やスタイルに合ったグリルを選んでいく楽しみもあります。詳しく見ていきましょう。

『炭』

とにかく本格的なバーベキュをしたい方にお勧めです。

炭の配置で火加減を調整しつつ、複数の食材を同時に加熱調理可能なことと、単純に遠赤外線でじっくり火入れされた食材のおいしさからアメリカでも炭のモデルが最も人気があります。

 

また、炭火の方がガスよりもランニングコストが安いため、バーベキューを頻繁にする方にお勧めです。

『電気』

火起こしの時間と手間がないため、アパートでも簡単に使うことができます。

煙も少なく、非常に扱いやすいのが特徴なため、アパート暮らしの大学生で友達とバーベキューがしたい方などは必見です。

 

しかし、海外製品という事もあり、コンセントが3Pプラグという海外企画のため変換プラグが必要になったりと若干のカスタムが必要な点がネックです。

 

それさえなければ、燃料調達の手間もかからずもっとも手軽に本格バーベキューを楽しめるモデルでしょう。

 

『ガス』

普段の自炊と同じテンションで本格的なグリル料理を作ることができるガス式です。

火力調節のつまみは回すだけで簡単操作が可能という点に加え、灰も出ず、プラグ変換も必要ありません。

 

ただランニングコストはぶっちぎりで高いです。

 組み込み蓋用温度計

いかがでしたか?

さすがは本場アメリカでシェア60%を誇るグリルです。

 

一味違うバーべキューを目指すなら間違いなくこのウェーバーのグリルがマストアイテムになるでしょう!




プライバシーポリシー お問い合わせ