アウトドアskills

北海道の超アウトドア派のキャンパーが贈る、キャンプブログ。ソロキャンから使えるキャンプ用品まで幅広く紹介!

あったら便利な最強サブアイテム5選!初心者キャンパー超必見!

 

https://www.rei.com/blog/camp/tarp-tips-quick-shelter-for-rain-wind-or-saving-weight?cm_mmc=sm_pin_blog&crlt.pid=camp.o6vqZW46x6cV

rei.com

最近のアウトドアブームで、多くの人がキャンプにポジティブなイメージを持っていると思います。「オートキャンプ白書2019」によれば6年連続でオートキャンプ人口が増え続けているそうです。

 

しかしながら、初心者でなくともキャンパーなら必ずぶち当たる壁も。。。

テントの設営が長引いてしまったり、テントやタープの連結、天候の変化によるサイトアレンジなどいきなり高度な問題に悩まされる場合もあります。

https://simpletenting.com/tips-for-tent-camping-in-the-snow/

simpletenting.com

 

そこで今回は、あると便利な最強のサブアイテムを厳選して紹介します!

意外とないと困るシーンがあるのでキャンプにチャレンジする予定のある方は特に必見です。

 

TATONKA タープ3TC

 

キャンプ初心者や新しく購入したテントの設営時にありがちなのが、ひたすら時間かかる問題。子供たちは退屈し、持ってきたコーラが常温になり爆発します。

さらに、テントを買ったから安心して、炎天下のもと設営をしていると熱中症になる可能性も。。

 

そんな悲惨な末路を理想の休日に変えてくれるのがタープです。

https://item.rakuten.co.jp/glv/ttk-0002-000/

rakuten.co

特に今回ご紹介する『TATONKA タープ3TC』は簡単に設営でき簡易的な休憩所を作るのには最適です。

遮光性が高いポリコットン素材がしっかりとした日陰の休憩所を作りだし、コーラの爆発も防げます。広さも大人4人がゆったり日陰で休めるほど確保されているので、特に今時期は大活躍してくれることでしょう。

 

キャプテンスタッグ 張綱ストレッチコード

サイトをアレンジする際に必要になってくるのがストレッチコードです。

雨が降ったときにテントとタープの間が気になるという些細ですが、解決するとサイトにクオリティが全然違って見える問題を解決してくれます。

 

https://www.camperlands.co.uk/camplet-2berth-and-families/

camperlands.co

正直ストレッチコードであればどこでもいいんですが、おすすめなのはキャプテンスタッグの張綱ストレッチコードです。

理由はゴムがクッション代わりになって強風にも強いから。

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%97%E3%83%86%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%83%E3%82%B0-CAPTAIN-STAG-%E5%BC%B5%E7%B6%B1%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%81%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89-%CE%A68mm%C3%97%E9%95%B7%E3%81%95160mm/dp/B07X4758MK

amazon.co

 

ちなみに使い方はめちゃくちゃ簡単で、テントやタープのガイロープにフックをかけ、ペグを打ち込むだけで隙間を埋める連結ができます。

 

LOGOS(ロゴス) プッシュアップポール

これは割とキャンプ上級者におすすめしたいサブアイテムです。

テントやタープをアレンジし、突然の天候変化に対応する際に活躍してくれるアジャスターポールで、テントやキャノピー、タープの天井を高くすることが可能です。

 

https://i.pinimg.com/originals/d9/e8/a1/d9e8a1e24951820f786dff0a81b5c2b7.jpg

i.pinimg.com/

例えば突然の大雨の際は早く雨水を逃がす必要があります。そんな時にアジャスターポールで天井を高くし流水をよくすることで雨漏りを防ぐことができます。

あまりないかもしれませんが雪の中でのキャンプでは積雪を防ぐことにも使えます。

 

http://www.logos.ne.jp/products/info/392

logos.ne.jp

おすすめはロゴスのプッシュアップポールで長さが105㎝~250㎝、34段階調整可能というアレンジの広さと使い勝手が最高です。

テント用のサブポールとしても使えるのでやはりあると便利です。

 

SOTO スライドガストーチ

BBQ用の炭火や焚き火など、ありがちなのは火がなかなか付かない問題です。

しかし、令和のキャンプで火起こしに苦労する必要はまったくありません。

 

サバイバルではないので普通にガスバーナーやトーチを駆使していきましょう。特にトーチはコンパクトで使い勝手もいいのでお勧めです。

http://www.shinfuji.co.jp/soto/products/st-480/

shinfuji.co.jp

火に関することならSOTOがベストです。コンパクトボディながら火炎放射器並みの威力を誇り、炎の温度は1300度にも達します。

湿った木片でも一瞬で灰となることでしょう。

、、、、、、これだと火がついていませんが、とにかく強力です。

http://www.shinfuji.co.jp/soto/products/st-480/

shinfuji.co.jp



充填式の燃料がカセットガスやライターガスも使用でき経済的なのも魅力ですね。

 

ベアボーンズ ビーコンライトLED

キャンプに欠かせないランタンですがいきなりおしゃれを求めすぎてガソリンなどの燃料系ランタンはハードル高めかも?

 

そこでLEDで実用性抜群ながらも優しい明かりのランタンをご紹介します。

 

https://barebonesliving.jp/product/camp/detail/20230002/

barebonesliving.jp

ベアボーンズのビーコンライトは小型でかわいいルックスながらも、かなりハイテクです。調光機能でオイルランタンのような柔らかい灯りを演出し、上部のカラビナで吊り下げることも、自立させることもできるためあらゆるシーンや場所に対応します。

 

オイルランタンとは別に実用重視のランタンを持つなら最適です。

https://barebonesliving.jp/product/camp/detail/20230002/

barebonesliving.jp

いかがでしたか?

完全に個人の独断と偏見ですが改めて見返しても最強のサブウェポンたちです。

 

ガスが関係するものはやはりSOTOが最強なのではないでしょうか?

1300度もあればキャンプ場で張り網を切断することもできます。

十分注意して火遊びしてください!!




プライバシーポリシー お問い合わせ