アウトドアskills

北海道の超アウトドア派のキャンパーが贈る、キャンプブログ。ソロキャンから使えるキャンプ用品まで幅広く紹介!

ソロキャン焼き肉ならグリルは必須!料理が100倍美味しくなるおすすめグリルをご紹介!

 

https://yoka.co.jp/contents/yoka-griddle/

yoka.co.jp

ソロキャンプで一人ステーキ。これぞ醍醐味ですよね!

そこで必須になるのが、分厚い鉄板のグリルです。

 

今回ご紹介する鉄板グリルのほとんどはテフロン加工がされていない男前な鋳鉄製。ステーキの仕上がりも一味違い、誰でも三ツ星に近づけるものを選びました。

 

ぜひ、人気おすすめグリルでキャンプバーベキューを極めてください!

 

テンマク男前グリルプレート

名前からわかる通り、男前なグリルといえばテンマクのグリルrプレートです。

ステーキがちょっとリッチな仕上がりになる波型プレートで、たれ付きの肉や油が多く出てしまうステーキでも下に垂れることなく使うことができます。

 

https://www.tent-mark.com/otokomae_grill_plate/

tent-mark.com

素材はもちろん鋳鉄製で、シーズニングによるメンテナンスも必要になりますが、焼きあがったステーキは外はパリッと張りがあり、中はジューシー。スーパーの特売品でも高級フレンチを越えられそうな勢いで美味しくなります。

 

ヨコザワテッパン

ジェットスロウ社から出ている、厚手でコンパクトなためアウトドアレジャーやキャンプで使いやすいグリルプレートです。

 

http://jetslow4wear.com/products/list95.html

jetslow4wear.com

男前な厚み5㎜を誇り、小学生が連絡帳と間違えそうなほどコンパクトなA5サイズです。ランドセルにも余裕で入る収納性はうれしいですね。

重さは1㎏ありますが、アウトドア用の効果力バーナーでも肉の中心にゆっくりと火が入っていきジューシーに、柔らかく仕上がります。

 

本当に一枚の鉄の板という潔さでプロっぽいですがたれがついている肉や油滴るお肉には注意が必要です。

 

サイズ的におすすめはやはりソロキャンパーの方で、一人で分厚い肉をじっくり焼き上げるというロマンチックな時間が過ごせること間違いなしです。

 

YOKA GRIDDLE

https://yoka.co.jp/contents/yoka-griddle/

yoka.co.jp

 

こちらはYOKAのオンラインストア限定の鉄板プレート、ヨカグリドルです。

 

スキレットのように取っ手がついていたり、食材が転がり落ちたり、油がしたたり落ちたりするのを防ぐために少しだけフチがついていたりと使い勝手がとにかく抜群です。

 

https://yoka.co.jp/contents/yoka-griddle/

yoka.co.jp

そのままテーブルにおいても映えるオリジナルデザインはどんなシーンにも似合い、当然ながらIH、オーブンにも対応しているためお家でもグリル料理を楽しむことができます。

 

さらに、ハードテンパー加工という、出荷前にシーズニングを施してくれており、購入後すぐに使用しても食材がくっつきにくくなっているという初心者にうれしい仕様になっています。

 

ユニ鉄

ユニフレームの焚き火台のために作られたグリルプレートで、ステーキをリッチに仕上げる波型と、焼き肉をガンガン楽しめるガチ鉄板の平らな面がハイブリットした個性的なデザインが特徴です。

 

https://www.uniflame.co.jp/product/665725

uniflame.co.jp

食材や油がこぼれないようにフチ付きで、持ち手はコーナーに刺さるようについているため、食材もスペースも無駄がありません。

 

およそ200×200㎜の鋳鉄の板は重量1.45㎏をたたき出していますが、野菜もステーキも普通の焼き肉も同時に調理できるプレートなので、ガッツリ食べたい人には最もおすすめです。

 

WOOPs Iron

北海道の職人が一枚一枚を丁寧に仕上げたヨコザワテッパンを超える6㎜の極厚鉄板がお肉をふんわりジューシーに焼き上げるWOOPs Ironをご紹介します。

 

おそらく最後に紹介するこのグリルプレートが最強です。

 

オールスチール製で軽量性とメンテナンス性を実現。6㎜の厚さがあるにもかかわらず、一般的なソロキャン向けのグリルプレートと同じくらいの重量に収まっています。

 

http://ssp-os.co.jp/wp/products/kurukuruchurrasco/newarrival/

ssp-os.co.jp

また、高温に強く、蓄熱性が高く、熱伝伝導率が低いという、肉を焼くのに大切なポイントを完璧に抑えたアイテムでもあります。

食材には均一に熱が伝わり、絶妙な焼き加減で仕上がり、使うごとに表面には油を含む被膜が形成され、高温調理で焦げ付きにくく、汚れはヘラでガシガシこそげ取るだけという使い勝手まで向上していきます。

 

取っ手にヘラ付きで、食材がこぼれにくいハネ付き形状で調理もしやすくなっています。

 

https://www.kj.com/blog/best-wine-with-steak

kj.com

いかがでしたか?

WOOPs Ironは個人的に一押しです。

何よりデザインに高級感がありつつ、アウトドアの無骨な雰囲気が漂っている感じがたまりません。

 

湖畔でワイン片手にソロステーキ。  絶対やりたいそれ。

 




プライバシーポリシー お問い合わせ