アウトドアskills

北海道の超アウトドア派のキャンパーが贈る、キャンプブログ。ソロキャンから使えるキャンプ用品まで幅広く紹介!

スラックラインが自宅で楽しめる!?GIBBONのスラックラインがキてる!

https://www.gibbon-slacklines.com/en/team/jaan-roose/

gibbon-slacklines.com




スラックラインってご存じですか?スラックラインとは、イッテQでも話題になったファッショナブルな綱渡りのことです。

5cm幅のラインの上を歩いたり技を競ったりします。難易度の調整が簡単なことから、老若男女誰でも手軽にできるおしゃれなスポーツとして、余裕のある大人たちの間で人気沸騰中なんです。

 

今回はそんなスラックラインを自宅の庭で楽しめるアイテム、その名もGIBBONを徹底紹介していきます!

GIBBONのスラックラインがキてる

https://www.arts-outdoors.de/gibbon-classic-line-xl-treewear-set-slackline

arts-outdoors.de

スラックラインを世界中で流行らせたのはGIBBON(ギボン)というドイツのメーカです。ポリエステル製ラインとラチェットとを組み合わせる事で誰でも気軽に綱渡りが楽しめるスラックラインを開発しました。

GIBBONのスラックラインは植木があれば自宅の庭でも遊べます。スラックラックという機材を使うと雨の日の自宅内でも楽しめます。お子さんがいらっしゃれば、大喜びでしょうね。

https://www.arts-outdoors.de/gibbon-classic-line-xl-treewear-set-slackline

arts-outdoors.de

楽しいのでたくさん遊ぶと痩せる人が続出。スラックラインは全身でバランスをとるため運動量も多いのです。

 

スラックラインにチャレンジしてみよう!

https://www.arts-outdoors.de/gibbon-classic-line-xl-treewear-set-slackline

arts-outdoors.de


必要な物は2つだけ。スラックラインキットと樹木を保護するクッション材、通称ツリーウェアです。はまってくると専用靴やマットも欲しくなってきますが、とりあえずはこの2つだけで始められます。

https://www.gibbon-slacklines.com/de/produkte/slackline-gestelle/independence-kit-classic/

gibbon-slacklines.com

 

そうは言ってもやったことないのにいきなり機材を買うのには抵抗がありますよね!

安心してください。日本全国スラックラインを体験できるところがたくさんありますので、そんな方はまずはぜひ、体験しに行ってみてください。

スラックラインは当然ながらラインが長いほど難易度が上がります。なので最初は4mくらいの短いラインから慣れていくのが良いです。慣れてきたらだんだんラインを長くしていきます。スラックラインは難易度の調節をするのが簡単なんです。これが老若男女問わず受け入れられている理由の一つでしょう。

https://www.gibbon-slacklines.com/de/produkte/slackline-gestelle/independence-kit-classic/

gibbon-slacklines.com

スラックラインキットはラインとラチェットからなります。ラチェットとはラインを巻き取ってきつくラインを張る金属製の器具です。

スラックラインキットは種類が多くあります。種類はラインの伸縮性や長さで分けられ、どんな技をやりたいか、どんな遊び方をしたいかで選ぶキットが変わってきます。

https://www.gibbon-slacklines.com/de/produkte/slackline-gestelle/independence-kit-classic/

gibbon-slacklines.com

 

とりあえず最初はGIBBON CLASSIC LINE(ギボン クラシックライン)という一番ベーシックなものから始めると良いでしょう。

 

GIBBONがおすすめの理由

https://www.gibbon-slacklines.com/de/produkte/slackline-gestelle/independence-kit-classic/

gibbon-slacklines.com



GIBBONをおすすめする理由は、スラックラインを世界中に最初に流行らせたのメーカーだからです。他のメーカーでも悪くはないのですが、スラックラインにはまっている人は必ずと言っていいほどGIBBONを使っています。

https://www.gibbon-slacklines.com/de/produkte/slackline-gestelle/independence-kit-classic/

gibbon-slacklines.com



最初はGIBBONではないメーカーを使っても構いません。しかしスラックラインにはまると、「余裕のありそうなおしゃれな人たちはみんなGIBBONだ」ということに気付きます。そうなるとGIBBONが欲しくなって買い替えることになるので、最初からGIBBONにしておいたほうが無難かも?

 

スラックラインの沼にはまろう!




片足で立てるようになり、両足でラインに乗れるようになりと、できることがひとつづつ増えていくのは達成感があります。そのうちどんどんはまっていろんな技ができるようになるでしょう。大会とかもあるので目指してみるのも悪くはありませんね。
スラックラインにはGIBBON RIDER(ギボン ライダー)と呼ばれるプロライダーもいます。

https://www.gibbon-slacklines.com/en/team/pedro-rafael-marques/

gibbon-slacklines.com

 

GIBBON RIDERの技の種類はたくさんあり、日々新しい技が増えていっています。YouTubeなどで検索してみると世界中のライダーの最新のスラックラインが視聴できますよ。

 

非常に楽しいスラックラインですが、事故にも注意してください。アメリカではスラックラインに自転車が突っ込む事故も起こっています。張る場所は気を付けてください。小さなお子さまの事故にも用心が必要です。

 

おしゃれな余裕のある大人たちのスポーツとして

https://www.gibbon-slacklines.com/en/team/giovanna-petrucci/

gibbon-slacklines.com



スラックラインはどこでもできます。このコロナ禍の中でも自宅の庭や自宅内で遊べます。定番の公園でもできますし、キャンプでスラックラインやると大盛り上がりでしょうね!

https://www.gibbon-slacklines.com/en/team/simon-meirandres/

gibbon-slacklines.com



おしゃれな余裕のある大人たちのスポーツとして定着しつつあるスラックライン。みんなで楽しめて仲間が増える上に、ダイエット効果があるなんて最高です。

あなたもこの秋、スラックラインデビューいか。がですか?

 




プライバシーポリシー お問い合わせ