アウトドアskills

北海道の超アウトドア派のキャンパーが贈る、キャンプブログ。ソロキャンから使えるキャンプ用品まで幅広く紹介!

夏キャンプの熱中症対策!遮光性の高いタープが効果的!

 

https://ec.snowpeak.co.jp/snowpeak/ja/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97/%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%97/%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B96-%5B6%E4%BA%BA%E7%94%A8%5D/p/10010#&gid=1&pid=3

snowpeak.co.jp

夏場のキャンプで心配なのが熱中症です。

特に今年はマスクをつけたい人もいるかと思いますので、前年よりも過酷な夏になることは確実でしょう。

 

http://www.perjuanganboat.com/

perjuanganboat.com

ということで今回はそんな熱中症に効果的な遮光性の高いタープをご紹介します!

じりじりと暑い川や海の砂浜では日陰があるだけでかなり対策になり、単純に涼しく快適に過ごせます。

夏キャンプには必須です!

 

夏キャンプでの熱中症対策

https://www.archdaily.com/268304/santa-ynez-house-fernau-hartman-architects/503d9ca828ba0d7eda000089_santa-ynez-house-fernau-hartman-architects_ss_2011_07_18_mb_medium-jpg

archdaily.com



重要なポイントは「日陰」!

タープで日陰を作ることで強い日差しから身を守ることができ、テントと違い風通しも良いので熱中症対策としては最適な環境ができます。

 

tent-Mark DESIGN ムササビウイング13ft.TC

テンマクデザインからは、曲線と独特のタープ形状が美しいタープのご紹介です。

 

正式名称に焚き火バージョンという文言がつき、本体素材にポリエステル×コットンの混紡生地を使用し、タープ付近で焚き火をする際に待った火の粉から幕体の穴あきが空きにくくなっています。

 

この幕体が照り付ける太陽の光をしっかりガード。

ソロ~少人数に最適なサイズで、熱中症を防ぎつつ快適なキャンプ空間を提供してくれます。

tent-Mark DESIGN 焚火 タープ TC レクタ

テンマクデザインからもう一つランクインです。

TCレクタはムササビウィングに比べ幕体の面積が全長4.8m×幅4.2mとかなり広いため、グルキャンやファミキャンに最適です。

 

T/C素材を使用し、遮光性が高いため大きな範囲に日陰を作ることができます。

また、大きなサイズは風通しをさらに良くするので、大人数でも蒸すことなく快適に過ごせるでしょう。

 

Snow Peak ランドベース6

最後は我らがスノーピークです。

 

タープと同じ支柱構造ではありますが、シェルターとしての機能を最大限引き出しています。

 

全方向にパネルを持ち、プライベート感を確保しつつも大型のメッシュパネルで通気性は抜群。モンゴルの遊牧民のようにどんなところでも自分のベースを簡単に設営することが可能です。

 

https://ec.snowpeak.co.jp/snowpeak/ja/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97/%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%97/%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B96-%5B6%E4%BA%BA%E7%94%A8%5D/p/10010#&gid=1&pid=2

snowpeak.co.jp

さらに、熱中症予防としてはこれ以上ないほどの加工が幕体に施されています。

【SHIELD】と呼ばれる遮光ピグメントPU加工により、直射日光下において外気温から2~4度も低い温度差を実現しました。

 

5~6人の広いスペースを真夏のオアシス化することができます。

https://ec.snowpeak.co.jp/snowpeak/ja/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97/%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%97/%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B96-%5B6%E4%BA%BA%E7%94%A8%5D/p/10010#&gid=1&pid=2

snowpeak.co.jp



もちろん12万円なんて金額は口が裂けても言えませんが、もし仮にそんな値段していたとしても納得できる。。。。納得できる完成度です。

本気で真夏に外遊びをしたい方にはおすすめですが、逆にそこまでの方にはオーバースペックでしょう。

 

https://ec.snowpeak.co.jp/snowpeak/ja/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97/%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%97/%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B96-%5B6%E4%BA%BA%E7%94%A8%5D/p/10010#&gid=1&pid=2

snowpeak.co.jp

いかがでしたか?

やはりスノーピークは一味違いますね。

 

何よりデザインが素晴らしすぎます。これが全キャンパー憧れのブランドといわれる所以でしょう。




プライバシーポリシー お問い合わせ