アウトドアskills

北海道の超アウトドア派のキャンパーが贈る、キャンプブログ。ソロキャンから使えるキャンプ用品まで幅広く紹介!

寒い朝も快適に過ごせるマット!Coleman インフレーターマット

f:id:xcamper:20200222011806p:plain


キャンプだけでなく、車中泊などアウトドア先での睡眠は大切です。

長距離運転の疲れをいやしたり、明日の楽しみに備えたり。

 

そこで登場するのがインフレーターマットです。

 

ブランドはコールマン。なぜならコスパ的にもマットの質的にも最高だからです。これがあるのとないのではキャンプの快適さが段違いです。

 

インフレーターマットとは?

f:id:xcamper:20200222011832p:plain

インフレーターマットとかっこつけて呼んでいますが、具体的に言うとエアを入れて気体を供給し膨張させる装置がインフレーターと呼ばれており、アウトドア用のエアマットが『インフレーターエアマット』です。

 

f:id:xcamper:20200222011959p:plain

床に直接敷布団引いたらなんか違和感がありませんか?

 

そう!下にマットレスを敷くとビジネスホテルから高級ホテルの中層の部屋くらいまで寝心地のグレードが上がるように、寝袋の下にマットを引くことでさらなる快適性を得られるアイテムが今回紹介するインフレーターマットです!

 

最高の寝心地を提供

f:id:xcamper:20200222012033p:plain

湖畔や山岳地帯でのキャンプは必ずと言っていいほど地面の状態は睡眠に最悪です。がたがただったりとにかく寝にくいです。

 

普通のマットだとその凹凸がもろに寝袋まで届くためあまり恩恵を感じられませんが、インフレーターマットだと空気が入っているためその凹凸を吸収し普通のベッドや布団と変わらない環境を提供してくれます。

 

夏冷たく、冬暖かい

f:id:xcamper:20200222012125p:plain

素晴らしいタイトルです。その季節に見たい字がしっかり入っています。

それもインフレーターマットのおかげで、いうまでもなく地面と寝袋の間に空気の層ができるため、高い断熱効果があります。

 

暑くて寝苦しかったり、冬に「あ、寝たら死ぬな」と感じて起きていなきゃいけないケースとおさらばできます。

 

丁度いい温度の中で快適に眠ることがでます。

 

コールマンが断トツで種類豊富

f:id:xcamper:20200222012146p:plain

なぜコールマンのインフレーターマットを勧めるかというと、それは種類の多さにあります。

 

どれだけ睡眠にうるさい人でも最適な環境が手に入るであろうマットを販売しているのはおそらくコールマンだけです。

 

サイズはダブルからシングル、折りたたむとシングルになる、連結できる機能までついているのでソロキャンからグルキャンまで活躍の場が広く、厚みは薄いものから厚手のものまで幅広くラインナップ。

 

多くの人は4㎝を基準にしているので選ぶ際はぜひ参考にしてみてください。

 

f:id:xcamper:20200222012221p:plain

シーズン別でも用意されており、それぞれ保温性や通気性がことなりより快適なスタイルを見つけやすいのもポイントです。

 

たくさんの種類があるのでぜひ自分の好みに合うものを探してみてください!

 

コールマン インフレーターマット おすすめ一覧

 




プライバシーポリシー お問い合わせ