アウトドアskills

北海道の超アウトドア派のキャンパーが贈る、キャンプブログ。ソロキャンから使えるキャンプ用品まで幅広く紹介!

好きな車に月々1万円台から!今話題のカーリース、魅力を徹底紹介!【MOTA定額マイカー】

f:id:xcamper:20201011062447p:plain

 

最近、意識の高い人たちがカーリース始めている!

車の維持費というのは大変なものです。それゆえに車を手放す人も多いとか。

 

そんな中、最近カーリースが人気です。以前ならカーリースというと法人のイメージがありましたが、実は個人でも利用可能。「新車購入するよりお得」と意識の高い人たちが、続々と車を買うスタイルからカーリースに移行しているのです。

 

株式会社MOTAが『MOTA定額マイカー』というビックリなサービスを始めました。リースが終わった後は車を返却する必要がなく、もらえてしまうというものです。

これはアウトドア向きの新車に乗り換えるチャンスですね!

 

カーリースとレンタカーは何が違う?

f:id:xcamper:20201011063502p:plain


カーリースはレンタカーとよく混同されますが、借りるという点以外は全くの別物。レンタカーみたいに色んな人が乗るわけではなく、自分の車として独占できるサービスなのです。

では何でそんなにカーリースの人気が出ているのでしょうか?

 

理由は3つ。


・貯金ゼロでも新車に乗れること
・新車を買うことと総額がそんなに変わらないこと
・結局いろんな手間を考えるとカーリースの方がお得だということ

f:id:xcamper:20201011063647p:plain

 

またカーリースではレンタカーと違い「わ」ナンバーではありません。希望ナンバーや特別仕様ナンバーも選べ、自分の車として利用できるのです。車のグレードや色、オプションも自由に選べます。新車購入と違い手続も簡単、月額制なので家計管理が楽なことも人気の理由です。

 

あと私個人的には月額制というのは非常にありがたいポイントです。

車購入の際には自動車税、重量税、取得税、消費税・・・と、本体価格以外にも払わなければならない税金が多く、明細を見ただけで気が滅入ってしまいます。

f:id:xcamper:20201011063734p:plain



車を購入した後も、車検、定期点検、自動車税に合わせて、タイヤやエンジンオイル、ブレーキパッド、ワイパー、点火プラグなどなどの消耗品の交換も結構な負担になります。

 

ですが、MOTAのカーリースではこういった費用も月額料金の中に含めることができるので、非常に助かります。個人事業主の方ならカーリース使うと節税対策にもなりますね。

 

カーリースで気を付けること

f:id:xcamper:20201011063835p:plain



カーリースの場合、車の所有者は当然リース会社です。従い当然ながら車のカスタマイズはできません。保安基準に適合している純正オプションなら取り付け可能なケースがあるので、カスタマイズしたい場合は、リース会社に聞いてみると良いでしょう。

 

また一般的にカーリースは走行距離の制限があり、それを超えると契約終了後に追加料金を請求されます。そうなると車は買物くらいでしか使えなくなり、ドライブにもアウトドアにも出かけられません。

 

f:id:xcamper:20201011063858p:plain

しかし!MOTAのカーリースの場合、リース期間が終わると車はそのままもらえます。なので走行距離を気にすることなくアウトドアライフ楽しめますね。

 

『MOTA定額マイカー』はどんな会社がやっているの?

f:id:xcamper:20201011064122p:plain



『MOTA定額マイカー』を提供している株式会社MOTAは、1999年創業。20年以上自動車に関わり続けている老舗です。東証一部上場の株式会社オークネットの出資会社でもあります。

 

MOTAのカーリースは今年2020年5月に個人向け自動車リースとして始まったばかりにも関わらず、業界ニュースに何度も取り上げられ話題となっています。

 

MOTAのカーリースの納車までの流れ

f:id:xcamper:20201011064151p:plain



MOTAのカーリースの申込の流れは4ステップと非常にシンプルです。
1 車を選んで費用を確認。
2 WEB申込。
3 審査通過後、契約内容確定。
4 納車
以上!簡単でしょう?

 

車中泊やキャンプにおすすめの車

f:id:xcamper:20201011064225p:plain



MOTAのカーリースは国産車ならどれでも選べます。そこで車中泊やキャンプにおすすめの車を3台紹介します。

 

◇ホンダ N-VAN

https://www.honda.co.jp/N-VAN/?utm_source=gl_kw_shimei&utm_medium=cpc&utm_content=eta13&utm_campaign=reg_jyurai_nvan_2006_pcsp

honda.co


N-VANベースのキャンピングカーも出ていますが、ノーマルの状態でもかなり優秀です。床が完全にフラットになるので背の高い男性でも非常に快適に車中泊ができます。純正オプションも豊富です。

 

https://www.honda.co.jp/N-VAN/?utm_source=gl_kw_shimei&utm_medium=cpc&utm_content=eta13&utm_campaign=reg_jyurai_nvan_2006_pcsp

honda.co

 

難点は後部座席の窓が全開にできないことと、運転席側は身長150cm未満の子供でないと寝るのが厳しいということ。車中泊は大人のソロか子供1人連れと限定されます。ただソロだと非常に快適な車中泊ができる車です。

 

◇スバル サンバー バン

https://www.subaru.jp/sambar/van/

subaru.jp


全く派手さのないサンバー バンですが、実はアウトドア向きの車なんです。サンバー バンは軽の商用箱バンなので後部が完全にフラットになります。大人2人がゆっくり休めます。

 

また軽の箱バンで唯一運転席と助手席にタイヤハウスのでっぱりがない車です。そのおかげで足元が広くなり運転しやすいことはもちろん、足も疲れにくくなります。

 

◇ホンダ シャトル

https://www.honda.co.jp/SHUTTLE/

honda.co


後部座席が完全にフラットになります。大人2人が余裕をもって横になれる普通車。乗用車なので商用車と比べ天井が低くなります。普通車で排気量が上がるので、遠出しても疲れにくいのがメリットです。

 

MOTAのカーリースで車中泊できる新車に乗り換えよう!



カーリースは貯金ゼロでも新車に乗れ、新車購入と総額がそんなに変わりません。結局いろんな手間を考えるとカーリースの方がお得なのです。加えて走行距離の制限がないMOTAのカーリースはキャンパーに最適なカーリース。

秋キャンプの良い時季になってきました。リースで車中泊できる新車に乗り換えてはいかがでしょうか?




プライバシーポリシー お問い合わせ