アウトドア skills

超アウトドア派のキャンパーが贈る、キャンプブログ。ソロキャンから使えるキャンプ用品まで幅広く紹介!

4WDの頂点!アウトドアマン御用達の高級車 ランドローバー特集

f:id:xcamper:20191105161108j:plain

 こんにちは、アウトドアskillsです!

 

冬にスキーに行ったり、山にキャンプに行ったりするときにオフロード4WDやSUVはマストアイテム!女子が彼氏に乗って欲しい車第一位もSUV。

さらに北海道や豪雪地帯に在住の方は車選びの第一基準は4WDで雪に埋まらない車高があることです。

 

そんなオフロード4WDや今大人気のSUVの頂点に君臨し続けるメーカーこそ【ランドローバー】です。

 

ランドローバーの歴史

f:id:xcamper:20191105161255j:plain

もともとはジープをイメージして開発された四輪駆動車がランドローバーと名付けられてアムステルダムのショーに展示されたのが始まりです。

 

ランドローバーの開発コンセプトは「道路上でも快適に走れる四輪駆動車」。第二次世界大戦でも使用され、どんな道でも走れる車を公道仕様にするというもので最近はやっているSUVと真逆の発想です。

 

結果、ランドローバーは史上最強の悪路走破性をもつ高級乗用車を生み出しました。それが【レンジローバー】です。現在でも「四駆のロールスロイス」と呼ばれ世界中のVIPに愛されており、イギリス皇室御用達の名車です。

 

最強の走破性

f:id:xcamper:20191105161623j:plain

SUVは普通のセダンの車高を上げ4WDにしただけですが、軍用車を公道で快適に乗れるようにしようとした車が現在のランドローバーです。

わずかな違いですが、できる車の走破性は全く違います。

 

f:id:xcamper:20191105161224j:plain

水深1メートルほどの川や水たまりくらいなら簡単に渡りきり、滑りやすい雪道やアイスバーンでも堅実な走りを見せ、中国の標高1519メートル「天門山」にある斜度45度・999段の階段を登り切るというチャレンジにレンジローバーPHEVが走破した記録も打ちたてました。

 

車体はオールアルミニウムのモノコックボディを採用し、クラストップレベルの軽量化を実現!シェルの接続部分には航空宇宙産業で開発された技術をもとにリベット接合と接着剤を使用!標準でスポット溶接を施し、軽量化と過激なオフロード走行に耐えうる強度を実現。

サスペンションは完全独立型ダブルウィッシュボーン、リアはマルチリンクレイアウトでこれも軽量アルミを使用!

 

このように、地震や災害が最近多い日本で買うべきなのは走破性へのやりすぎなくらい設計したランドローバーがベストです。

 

一目でわかるデザイン

f:id:xcamper:20191105195946j:plain

ジープ・ラングラー」「トヨタ・ランドクルーザー」と並び。『世界三大オフローダー』にカウントされるランドローバーですが、他の二台とは一線を画すデザインを持ち合わせています。

 

f:id:xcamper:20191105200309j:plain

サイドの低いアクセントグラフィック、伸びやかなルーフライン、車体のサイドを流れる途切れないベルトライン。クラシックレンジローバーのころから変わらない伝統的なラインが一目でランドローバーと分からせてくれます。

 

f:id:xcamper:20191105200136j:plain

インテリアに至ってはさすが皇族御用達だけあって上品で美しく洗練されています。しなやかなレザーに、艶やかなウッド最高にラグジュアリーです。個人的に若干ハンドル周りのボタンがエアコンのリモコンっぽくて残念な気がしますがレンジローバーと言われれば些細な事過ぎて気になりません。

 

ジャングルでドロドロになりながら走っていても中では静かにウイスキーを傾けられる車は世界でランドローバー・レンジローバーのみでしょう。ジープは一緒にドロドロになる車で、ランクルはドバイの方々が砂漠でごろごろするために買う車です。普通の人はランドローバーを選びます。

 

まとめ

f:id:xcamper:20191105200332j:plain

大好きなランドローバーをひたすら褒める回でした。正直SUVを買うくらいなら中古のレンジローバーを買った方がいいと思っていますが周りがSUVばっかりなのと世間的にも大人気なのでここで発散して見ました。

 

ディスカバリーの古いディーゼルに乗っていたのですが、北海道の積雪にものともせず除雪前でも全く問題なかったことから、ランドローバー信者です。ただ、V8スーパーチャージャーのレンジはスピードメーターより燃料計の方が頻繁に動きます。ディーラーのカタログには「レーシングカーを彷彿とさせる高回転サウンド」とも。。。笑

今後のランドローバーも面白そうです!



プライバシーポリシー お問い合わせ