アウトドア skills

北海道の超アウトドア派のキャンパーが贈る、キャンプブログ。ソロキャンから使えるキャンプ用品まで幅広く紹介!

雨の日が楽しみになるアウトドアウェア!GORE-TEX 【アウトドアメーカースペシャル第4弾】

こんにちは、アウトドアskillsです!

 

今回は、

防水なのに快適すぎる!GORE-TEXを徹底解説!

 

f:id:xcamper:20190914002306j:plain

皆さんアウトドアウェアを選ぶときに何を一番気にしますか?私は圧倒的に防水性です。デザインとかじゃなく防水性。水を弾くか弾かないかですべてを判断しています。

 

そんな防水性にすべてをかける私が長年お世話になっているのが、GORE-TEXです!

聞いたことがある方も多いと思いますが、優秀すぎるゴアテックスの性能や製品についてまとめてみました。

 

ゴアテックスってなに?そもそもなに!?

f:id:xcamper:20190914002350j:plain

何となくタイトルからだとレインウェアやジャケット、フリースなど商品を想像する方も少なくないと思いますが、実はゴアテックスとは『素材』のことを指しています。アメリカのWLゴア&アソシエイツが販売している素材の商標名です。

 

これを知ったときなぜか若干複雑な気持ちになりました。例えが思いつかなかったことはほんとすみません。

 

2.ゴアテックス革命

f:id:xcamper:20190914002413j:plain

アウトドアが好きな方は知っているかもしれませんが、ゴアテックスはアウトドア業界に革命をもたらしたといっても過言ではありません。

 

防水製品の多くはそれまで着たら信じられないくらい蒸れたりしました。おしゃれなビニールかぶってる感じです。

もちろん今でもゴム素材の防水ウェアがあるのですが、どうしても内部の蒸気を逃すことができず蒸れてしまいます。

 

しかし!ゴアテックスはこれを解決しました。

外側の雨をしっかり弾きながらも逆に内側からの汗などは水蒸気として外に逃がすという平成の魔法といっていい『防水透湿機能』を開発しました。

 

水弾けばよくね?は後で割と痛い目見る!

f:id:xcamper:20190914002600j:plain

ゴム素材の防水ウェアが安いからと言って選び、アサシンクリード並みに動くと汗が冷えて極限状態になると最悪、低体温症の危険性もあります。

 

体をドライに保ちつつしっかりと水を弾く防水性の両方を兼ね備えたゴアテックスは万が一の時にも強い味方になってくれるアイテムなんです!

 

とにかくハイクオリティ

f:id:xcamper:20190914002637j:plain

ゴアテックスの製品はとにかくクオリティが高いことで評判です。防水性はもちろん透湿、防風が高い品質で保証されています。

 

各メーカーが製作したゴアテックス商品に対して生産直前の最終段階で厳しいチェックを入れ、ブランドプロミスとして防水・透湿・防風に問題があるときは修理や交換、さらには返金まで対応。

 

高品質な理由にはこうした徹底的な品質管理があるんですね。

 

お値段は少々張りますが、長い目で見ると妥当な金額なのではないかと信じています笑

ぜひ、次のアウトドアウェアを購入する際はゴアテックスのマークを探してみてください。

f:id:xcamper:20190914002656j:plain

まとめ

f:id:xcamper:20190914002713j:plain

やっぱり最高です、ゴアテックス

毎回靴はメレルのサバイバルシューズを買ってるんですが、しっかりゴアテックスを採用しています!

実際に水の弾き方はえぐいです。靴の半分が水につかっても全く染みることがありませんでした。

そして、全く蒸れません。夏でも使い勝手はとてもいいです。

 

べた褒めですね。価格が高いのが若干のデメリットかもしれない。。笑

 

 



プライバシーポリシー お問い合わせ