アウトドアskills

北海道の超アウトドア派のキャンパーが贈る、キャンプブログ。ソロキャンから使えるキャンプ用品まで幅広く紹介!

スウェーデン発祥の高機能テントメーカー!!ヒルバーグ!!【アウトドアメーカースペシャル第一弾】

こんにちは、アウトドアskillsです。

 

今回は、キャンプギアメーカー紹介シリーズ第一弾!ヒルバーグ』!!

 

f:id:xcamper:20190825020306j:plain

スウェーデンの過酷な環境で開発されたヒルバーグのテントは、優れた耐久性とインナーテントとレイン・フライシートを同時に張ることができるテントを開発し、現在でもヨーロッパや我らが日本でも人気を誇っています。

 

ヒルバーグ レーベルシステム

f:id:xcamper:20190825020527p:plain

ヒルバーグのテントは「BLACK LABEL」「RED LABEL」「BLUE LABEL」「YELLOW LABEL」と大きく4つのモデルに分かれていて、それぞれ特徴があります。

 

BLACK LABEL

f:id:xcamper:20190825020852j:plain

ケロン3 ¥138,000

ヒルバーグテントの中で最も多様性に富むモデルで、最大の特徴は耐久性で他のモデルを圧倒しています。

 

普段使いできるといってもそのスペックは、森林限界を超える標高、激しく雪が降り続く環境、砂漠、砂浜、プラヤなど季節や天候、地形にも幅広く対応し、独自に開発した4層のシートは長期の使用にも耐えられます。

深い雪に埋まってしまった場合でも上部に通気口がついているため窒息の危険がないなど、ちょっとしたレジャーでそんな状況にはまずならないところまでカバーしています。

 

本気の冒険家や登山家さんにおすすめで日本のキャンプ場には明らかオーバースペックなモデルです。

 

RED LABEL

f:id:xcamper:20190825021258j:plain

カイタム4GT ¥162,000


とにかくバランスがいいモデルです。

あらゆる季節に対応する耐久性を備えつつ、安定性があって軽量。

過酷な環境や厳しい状況下での長期にわたる活動には向いていないものの、バックパッキングにも対応できるほどの軽量で、ヒルバーグの中で最も人気のあるテントです。

 

耐久性、快適性、軽量性のトータルバランスが良く、別にそこまで過激に使う予定がない方や本格的に家族でキャンプをしたい人におすすめなモデルです。

 

ちなみにエリックラーセンという冒険家が自転車で南極点に到達するというチャレンジでレッドレーベルのテントを使用しています。

ので、レッドレーベルのテントでも本気を出せば南極でも過ごせる耐久性があります。

BLUE LABEL

f:id:xcamper:20190825021430j:plain

アトラス ¥375,000


オーダーメイドのモデルで、使用環境や目的別に素材から組み合わせて設計されます。

設置の容易さ、耐久性、快適性、軽量性のバランスを個別にあわせてくれるというもので、グループキャンプをしたい人や大学のサークルのために用意するのにおすすめです。

 

テント。。というかシェルターに近いですね。。

YELLOW LABEL

f:id:xcamper:20190825021605j:plain

アンヤン2.02 ¥90,000


軽量化に命を懸けたモデルです。とにかく軽さを求めてます。

なので、雪が降っていなくて安全で平らなところでの滞在を目的に作られています。

もちろん、その辺のホームセンターのテントとは違うので耐久性もあることはあるのですが軽量化素材と設計のため辺境の地や過酷な状況下ではおすすめできないモデルです。

 

自転車で旅する人やバイクで日本一周したい人にはぴったりのモデルです。

そして、夏のキャンプにはこれ以外考えられないほどの通気性の良さです。

 

まとめ

f:id:xcamper:20190825021659j:plain


いかがでしたでしょうか?

モデルによって性格が出たり、「レーベル」って響きがかっこよくないですか?

実は私自身ヒルバーグのソロテントを愛用しているので書いていて全レーベルを無駄にコンプしたくなりました。

 

もー北海道って寒くなってくるんですよね。。ブラックのやつが欲しいなぁ。。




プライバシーポリシー お問い合わせ