アウトドアskills

北海道の超アウトドア派のキャンパーが贈る、キャンプブログ。ソロキャンから使えるキャンプ用品まで幅広く紹介!

車旅の必須アイテム!軽自動車にも搭載可能なルーフテント!!おすすめ5選!!

f:id:xcamper:20190715085209j:plain
 最近はやりのルーフテント。自分の愛車でどこでもキャンプしに行ける夢のようなアイテムです。
 
ジムニーなど本来キャンプやアウトドアに向かない車でもたちまちキャンピングカーに変身します。そう!あなたのフェアレディzFerrari、Porscheでも旅に出ることが可能に!
 
そんなルーフテントのおすすめをご紹介します。

1.ikamper skycamp

f:id:xcamper:20190825145742j:plain

トップを飾るのは最近注目のルーフテント、ikamperの「skycamp」です!
 
このテント最大の魅力は、設営の速さとオプションの豊富さです。
 
まず。設営ですが公式サイトでも30秒で設営ができると3ステップで説明されており、最初の2ステップで3秒でふたを開け、もろもろあって30秒後に設営されております。
 
ちなみに30秒は伸縮パネルを開く時間だそうです!
 
まじめな話、このテント夏と冬でメッシュ生地やキャンバス素材に戻すことができることやタブレットスタンドなどのオプションは、あわせて11もあります!
 

f:id:xcamper:20190825145837j:plain

自分好みにカスタムしてみてください!
 
本体価格!本日最高の49万8千円です!!
 

2.roof tent by MINI cooper 

f:id:xcamper:20190825150029j:plain


ミニクーパー乗ってる女子大生。だいたい美人。
 
皆さんミニクロスオーバーってご存じですか!?
ミニ初のSUV、5ドア、そして最大の売りは4WD!!
とにかく、ミニが冒険に出たモデルでかなり話題になりました。
しかもWRCマシンです!
 

f:id:xcamper:20190825150146j:plain

そんな個人的にも推しなミニクロスオーバーに専用のルーフテントがあるんです!
 
そのテント、製造するのはイタリアのルーフテントの老舗メーカー「AUTOHOME」です。この会社のテントはひたすら信頼性が高く、ヨーロッパではとりあえずテント選びに困ったら、オートホームのテントを買っておこう。そう思わせるくらいの信頼性と実績があります。
 
そして!このミニ専用のテントですが、クオリティも半端ではなく、、、
 

f:id:xcamper:20190825150222j:plain

設営はロックを数か所外せば内臓ダンパーにより自動で開き、外装はガラス繊維のシェルの裏に断熱材と吸音材が敷き詰められ、生地には本物の災害用テントにも使われている「AIRTEX」という防水性、通気性にすぐれた超高性能仕様。
 
テントながら、そこら辺のボロアパートよりも遮音性や断熱性に優れてしまっている、若干やりすぎているこのテントは38万円からお求めいただけます。
ちなみに、ミニクロスオーバーはカーセンサーの相場で平均354万円です。
 

3.Tepui roof top tents

f:id:xcamper:20190825150402j:plain


カリフォルニアで生まれた二階建てテント!!【tepui】!
 
そう!このルーフテントの最大の特徴は二階建てにできるのです!
 
二階の寝室に上がるためのハシゴを覆う大型のホロが備え付けてあり、雨が降っていても気軽に車内に荷物を取りに行けるのです!!
 
寝室もかなり広く大人三人が楽に寝られるくらいのスペースがあり、マットレスが敷き詰められているためかなり快適に寝られます。
 
さらに!天井部分には開閉可能な天窓がついており、満天の星空を眺めることも可能!めちゃロマンチックです笑
 
お値段は18万からと割とリーズナブルなモデルから取り揃えております。
ルーフテント界ではコスパいいほうです!
 

4.Roofnest

f:id:xcamper:20190825150555j:plain


ルーフボックスをつけられる車ならだいたいつけられるこのテント。
 最大の売りはそこではなく、なんと厚さたったの30センチしかないのです!
うっす!
 
薄くて何がいいの??と冷め切ったことを思ってしまったそこのあなた!
 薄いことで得られるメリットはかなり大きいです!
  1. 横風を受けずらいため運転しやすい。
  2. ノイズ(風切る音)が抑えられる。
  3. デザイン的にスッキリする。
  4. もともと背の高い車とかだと高さ制限あるところ気にしなくていい

っと普段と変わりなく運転できることはドライバーのメンタル的にもかなりメリットがあるのです。 ま、このテント薄いことは薄いのですが幅がかなり広めですので基本大きな車につけることをおすすめします。 お値段は31万円です!リーズナブルといえばうそになります。

5.tent box

f:id:xcamper:20190825150725j:plain


【tent box】というこのテント。一見普通のルーフテントに見えますが、実は結構大切なポイントを抑えたテントなんです!
 
そんな【tent box】の最大の特徴が、ほとんどの車に搭載可能という点です!!
 
人気のSUVはもちろん、コンパクトカーからなんならスーパーカーまで!ほんとにこの世のほとんどの四輪車につけることが可能です!
マジでプリウスとかにも余裕で付きます。
 
実はルーフテントってルーフバーがつけられない車や形状によってもつかないことが意外とあります。もちろん無理すれば付くんですが、、、笑
 
そんな時にこれです!!
二種類用意されており、布製のカバーのものとガラス繊維のものがあります。
 
おすすめはガラス繊維のもので、エアロダイナミクスにより、ノイズを減らし燃費の低下を防ぎます。

なによりガラス繊維のほうがデザインがかっこいい!!(個人の感想です。)

 

お値段はおよそ25万円です。

 

f:id:xcamper:20190825150754j:plain

 

いかがでしたか!?

個人的に一番好きなのは、ぶっちぎりでミニクーパーのテントです。

 

 

f:id:xcamper:20190804113026j:plain

超欲しいわ。。



プライバシーポリシー お問い合わせ