アウトドア skills

超アウトドア派のキャンパーが贈る、キャンプブログ。ソロキャンから使えるキャンプ用品まで幅広く紹介!

最近はやりの軽キャンパー!!ベースはなにがいいの!?

こんにちは!アウトドアskillsです!

 f:id:xcamper:20190727152116j:plain

 今回は、最近はやっている軽キャンパーを。。。

 

と思ったのですが、このネタはやはり多かったので、普通にベース車スペックを紹介していきます

 あの小さいワゴンタイプって正直全部同じに見えますよね!?

意外とそんなことないんです!では、いってみましょう!

 

・ 日産 クリッパー

f:id:xcamper:20190825175701j:plain


¥1,016,280~

燃費はリッター19.4キロで低燃費衝突防止アシスト、エマージェンシーブレーキ採用、踏み間違い衝突防止アシスト。

 

今回紹介する中で最も燃費のいい車両です。

日産らしく安全装備が充実しており、踏み間違い防止装置までついておりお子さんがいる方などにはかなり安心なモデルでもあります。

 

お値段も最もリーズナブルで最初の一台におすすめです!

 

・スズキ エブリィ

f:id:xcamper:20190825175755j:plain


¥1,199,880~1,502,280

4wd設定ありで5MTもあります。

 

最大の特徴は軽キャブバンの中で最大の荷室を誇ります。

軽キャンパーの代表であり、郵便屋さんから建設業界までありとあらゆる場面で使われる商業バンですね。おそらくプリウスの次に日本に最も順応した車でしょう。

 

キャンパーとしては、とにかく荷室が大きくカスタムしやすいです。居住性が高く過ごしやすいので夫婦でのキャンプなどには絶好の車といえます!

 

ダイハツ ハイゼット

f:id:xcamper:20190825175838j:plain


¥1,296,000~1,495,800  

4WD設定ありで5MTリッター18キロ。

最大の特徴は、ダイハツクラフトによるパッケージがあることで、ディーラーがちゃんと軽キャンパーを作ってくれている点です。

 

楽旅というパッケージでスライド式テーブルや大容量の収納スペース、奥行きのある広々ベッドなどベース車からは考えられないような快適装備のオンパレードで、メーカーが作るためつくりがしっかりしています。

 

エブリィよりもグレードに差があり、2wdと4wdの体感パワーが全然違います。

おすすめは少し高いですが4wdをおすすめします!

 

まとめ

今回はぱっと見全部おんなじに見えてしまうような、軽キャブバンに焦点を当ててみました!

f:id:xcamper:20190825175936g:plain
 

意外と三者三様に違いがあり大きな武器があるので、じっくり選んでみるのも楽しいと思います!!

 

これから軽キャンパー作ろうと思っている人もそうでない人も!ぜひ乗り比べてみてください!